Meshwing メッシュウィング

メッシュウイングの開発のきっかけは、先に開発したホールドアップボクサーの複雑さから。初めて見る人は必ずといっていい程、サポーター部が一見、表か裏か迷っていたのがきっかけ。ホールドアップボクサーのはき心地を維持しながら、見た目を極力シンプルにし、奥行きを出すことでサポート性を持たせたのがメッシュウィングです。

​蒸れない、ブレないパンツの新機軸です。

メッシュの羽根がインナーのアンダーに

 

ホールドアップボクサーをよりシンプルに。機能性を保ちながら、快適性をより重視したメッシュウイング。まわしの”フロント部”の快適性を再現するため、こだわったのがフロントのポーチ。快適性の秘密は、内蔵しているメッシュウイング。2枚のメッシュ素材の羽根の機能により、インナーの下にアンダーを着用している状態になります。そのため、インナー1枚でアスリート特有の不快な皮膚の接触を防止する機能を備えています。だから、肌にやさしい。長時間の運動でも快適な状況をキープするから、運動中の集中力も切らせません。

構造のヒントは、ホールドアップと。。。

 

メッシュウイングは、ホールドアップボクサーの構造をもとに考案しました。そのため、ホールドアップボクサーでいただいた意見を改善できるところを改善しています。例えば、着用方法。ホールドアップは“上向き”のみの着用でしたが、メッシュウイングは“上向き”でも“下向き”でもOK。また、メッシュの羽根が壁になり、スペースができるので、普通にはくだけです。もうひとつヒントにしたのが「通気性の高いメッシュ背当て付きリュック」。背当てのかわりにメッシュウイングをつけ、通気性と補正を高めているのです。

VOICE
​MEDIA
CONTACTS

© 2019 アールリバーサル ボクサーパンツ 蒸れない、ブレない 機能性パンツ  Rリバーサル  R-reversal boxerpans

​R-reversal underwear

 

〒566-0011

大阪府摂津市千里丘東

Tel: 072-645-6088

ご愛用者の声

 

トレーニングはもちろん、試合でもはいています。コンタクトのある格闘技でも気になりません。タイトルを取った時にもはいていた、ゲンのいい勝負パンツです。

「Get Navi 7月号」に掲載されました。

 

「アールリバーサル ホールドアップボクサー 」が学研の「Get Navi7月号」に掲載されました。

「Begin8月号」に掲載されました。

「R-reversal」が世界文化社刊のBegin8月号に掲載されました。ホールドアップボクサーパウダーメッシュがBeginマーケットで販売中!

パンクラス史上初!

3階級初代王者

砂辺 光久選手